40.一歩踏み出す勇気

笑顔の女性トレーナー

”一歩踏み出す勇気”

色々なシーンにこの瞬間があると思いますがあなたはどんな瞬間を思い出しますか??

人(女性)にとって日々繰り返される踏み出す瞬間を女性の気持ちにフォーカスしてまとめてみました。

女性が踏み出す一歩

女性が人生において一歩踏み出す時ってどんな時でしょうか?

私なりにこれまでの様々な女性達との携わりの中で感じてきたことをまとめてみました。

✔︎初めてダイエットする事を決めて行動する時
✔︎初めて告白した時
✔︎初めての就職
✔︎初めての転職
✔︎初めての筋トレ
✔︎初めてのヨガやその他の運動
✔︎初めて自分と向き合った時
✔︎初めての妊娠、出産
✔︎初めての結婚
✔︎初めての子育て
✔︎初めて自ら動いたこと

などなど挙げだすとキリがない初めての一歩。

あなたはいくつ当てはまりましたか??

私は子育て、妊娠、出産以外は全て当てはまります。

この様に男性にももちろんたくさんある”踏み出す一歩”

私はトレーナーとしてたくさんの女性達をサポートさせて頂いている目線から
運動やダイエット、ボディメイク、食事管理に向き合う様になった
女性達について書いていきたいと思います。

1人1人に想いとストーリーがあるこの瞬間。

ぜひご自身に当てはめて読んでみてください。
まだこの瞬間がない!と思ったあなたはこれを機会に一歩踏み出してみませんか??

笑顔の女性トレーナー

女性の覚悟と意思

これまでも女性について私はずっと”女性の健康女性は強い”と言ってきているのですが、
ここでもそれは変わらない思いです。

Womans Health
Womans Strong

女性が覚悟をする時、大小には関わらず色々な思いと意思があります。

例えば
20代後半を迎え体型に変化が出てきた。
30代を迎え体力が落ちてきた。
→この様なことが出てくると運動を始めようか、ダイエットをしようか、食生活を見直してみようか。
などなど20代中盤までは考えもしなかった事を考える様になります。

またこの頃の年齢になると社会(仕事)での責任も大きくなってきたり、人によっては管理職に就いていたり
結婚や出産、子育てなども重なってくる人も出てきます。

つまり女性にとって
”身体やライフスタイルの転換期”

この頃は一番身体の変化も出てくることから社会での在り方、仕事の仕方など様々な事で悩み覚悟を決めたり
と自分自身の意思が問われる時期となります。

考える女性

 

◆まずは運動を始める事になった女性について

運動と言っても色々なジャンルがあり、自分が何をすればいいのか、何が自分に合っているのかを
迷われる方も多いと思います。

・ヨガ、ピラティス、キックボクシング、ジムで筋トレや有酸素運動、HIIT系トレーニング
・ウォーキング、ランニング、水泳

興味のあるものから始める人がほぼ。
中では何が効果的か調べたり情報を集めてからスタートする人もいますね。

特にパーソナルトレーニングが一般の人に浸透してからは運動(筋トレ)に対するイメージは大きく変わりました。

そしてグループでのレッスンや自分で行くジムで経験をしたことのある方がパーソナルをお受け頂くことが
多いです。

それはなぜか??

✔︎グループでのレッスンは楽しいけれどどう効果があるのか分からなかった
✔︎自分で行くジムは契約しているけれど途中で続かなくなった
✔︎筋トレやヨガ、正しくできているのか疑問
✔︎なかなか続けられない

などなど理由は様々ですがそれぞれにパーソナルを始める動機があってスタートされます。

そしてここでも”覚悟と意思”が現れます。

木と木に触れる手

それは現代女性は仕事をしながら家事、子育て、その他の美容や趣味にも時間を費やす事が多い。

つまり時間が限られている→そこでパーソナルを始めたり、何かしらの運動を始めるという人は
それ相応の意思と覚悟が必要なのです。

実際私のお客様でもリモートワーク中のお昼休みにお受け頂く方や、看護師さんで夜勤明けのお疲れの所お受け頂く方、睡眠も取れないほど忙しい経営者の方でも貴重な1時間を割いてご参加頂く方もいらっしゃいます。

普通に考えたら、

・運動する<寝る(睡眠を取る)
・運動する<お昼休みをゆっくり取る
・運動する<仕事が終わったらすぐにゆっくりしたい
・運動する<遊びたい

かと思います。
けれどそれを天秤にかけても”運動する”パーソナルを受けることを選ばれる。

これって”覚悟と意思”
以外のなにものでもないと思いませんか??

それもとても大きな意思と覚悟だと私は思っています。

◆次に食事管理を始める様になった女性について

食事管理。これが運動よりも難しいこと。

女性はまず大体の人が”甘いもの”が大好き(個人差はあります)
これをどう変化させていくか。

そして血糖値のコントロールも男性よりも難しいのが女性。
なぜならホルモンのバランスが関係してくるからです。

※男性と女性の血糖値の差異

空腹時血糖値は、男性 97.3mg/dl、女性 93.7mg/dl

女性の方が低いとされています。

ヨーグルト


◆特に女性は月経期間の血糖値の低下(グルコーススパイク)が顕著になります。

通常時が4〜5時間に対して月経時は2〜3時間と言われています。
なので生理前〜生理の期間はすぐお腹が減る、いつもよりも食欲が増すといった現象が起きます。

これは妊娠するために必要な身体の準備。
食べることは悪ではありません。
けれどこれから迎える生理に向けてジャンクなものや脂質の高いものを食べ過ぎてしまうのは
本末転倒です。

なるべく脂質が低く、タンパク質豊富な食品を摂る様にコントロールしましょう。
→脂質は質の良い脂(オメガ3系などは積極的に摂ってあげましょう)

脂質 オイル

この様に男性よりも血糖のコントロールが難しい女性。
このホルモンバランスとの関わりの中で食事の管理をしようと決意するのはかなりの”覚悟”

最初は我慢することでストレスが発生してイライラしたり憂鬱になったり。
精神を整えるのも大変です。

そこで大切なのは”メンタルケア”
身体のケアと同じく食事の調整をする時も”メンタルケア”は必須になります。

それが伴ってこそ女性の食事の管理は続けることができると私は考えています。

食習慣を変えて行く時、食事だけではない他のこととも向き合う
”意思と覚悟”が表れます。

その一歩の背中を押して、時にはワンクッション、
そこから理想の身体へ導くサポートを心がけています。

髪の長い笑顔の女性

まとめ

”女性の一歩踏み出す勇気”

人生の中で一歩踏み出すシーンは多々あると思いますが今回は特に
運動と食事管理を始める時の女性たちの”意思、覚悟”について書いてみました。

生きていく中では小さな一歩、覚悟。かもしれませんが、私はそうは思っていなくて
女性にとってはどちらも大きな一歩だと思っています。

それは男性にとっても同じことが言えるかもしれないのですが、
女性は特に身体の仕組み上ホルモンバランスと上手く付き合いながらこの意思決定をしていかなければ
なりません。

これは男性には分かることのないとても大きな性差なのです。

現代は少しずつではありますが女性への理解や社会的な場面でも支援がされることも見受けられてきています。

この活動がより広がっていくことを望むと同時に、女性としてはその制度やサポートに甘えるのではなく、
できる限りの努力と誠意を持って生きていきたいなと思うばかりです。

私は運動を通してそんな女性を増やしていきたいと思っています。

”女性の健康”
”女性は強い”